登録すると600ポイントプレゼント!

私が体験して良かった、おススメ動画配信サイトです!

登録すると600ポイントプレゼント!

食べ物

発酵あんこ(主治医が見つかる)の作り方や美肌効果は?通販もあるの?

投稿日:

2019年1月31日の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系列)で「外国人が選ぶジャパニーズ健康食BEST10」という内容が放送されましたね!


これはブームになる予感も!

class="youtube-container">


その中でも気になるのが
今話題の「発酵あんこ」です。
今、巷では「発酵あんこ」は便秘に効く!美肌の効果がある!と大変人気なんです。
しかも、砂糖の代わりに米麴を使うのでカロリーも低くできるんです!

今回は、主治医が見つかる診療所で紹介された画像付きの作り方(レシピ)とお勧めレシピも紹介しつつ、「発酵あんこ」について調べてみました。

スポンサードリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3663572903276793"
data-ad-slot="7319192134">






発酵あんことは?




主治医がみつかるでも説明がありましたが、「発酵あんこ」とは、「小豆麹」や「小豆甘酒」などとも呼ばれ、「米麴」の発酵する力で小豆を甘くする方法です。
砂糖などの甘味料を一切使わずに、自然の甘さを味わえるので、ダイエット中の方や、病中病後の方などに、かなりお勧めできる食品なのです。


発酵あんこは、美肌に効果あり?


以前に、雑誌で「発酵あんこ」について特集されていましたが、期待できる効果の種類はとても沢山ありました。


美肌、便秘、血糖値、認知症 etc.・・
などなど、沢山の効果が期待できるようです。


なかでも、最近は「美肌」に注目される事が多いようです。
「美肌=アンチエイジング」というイメージもあることから、「健康食品で体の中からキレイになりたい」という声にはピッタリの食品ですよね。


それでは、「発酵あんこ」の効果について詳しく紹介していきましょう。

小豆のここが凄い!




発酵させない状態でも、小豆にはこんなにも沢山の栄養が含まれているのです。

◇食物繊維
ゴボウの3倍含まれていると言われる食物繊維。
もちろん、便秘に効果大ですね。

◇良質なたんぱく質
たんぱく質は、体を作り上げる為の大切なエネルギー源になります。
ダイエット中は、むしろ欠かせない栄養素です。

◇ポリフェノール
高い抗酸化作用が期待できます。
美肌・アンチエイジング・肥満防止など効果は様々です。

◇ビタミンB1
糖の代謝をサポートし、美肌効果に繋がります。

◇ビタミンB2
脂質の代謝をサポートし、肌や粘膜の代謝が良くなります。

◇カルシウム
骨の形成には欠かせない栄養素です。

◇鉄分
不足すると貧血になり、代謝の低下にも繋がる大事な栄養素です。

◇亜鉛
味覚の維持に欠かせない栄養素です。
不足すると太りやすくなるとも言われています。

◇カリウム
摂りすぎた塩分の排出をサポートし、むくみの解消に繋がります。


発酵させることでパワーアップ!


小豆だけでも、とても栄養があるのですが「発酵」させることによって、小豆の力が更にパワーアップするのです。


◇栄養価のパワーアップ
「発酵食品」といえば、健康にも美容にも効果があるのは有名ですよね。
加齢とともに減っていく「酵素」を摂り入れることによって、アンチエイジング効果は間違い無しです。


◇美味しさパワーアップ
発酵させることで、「グルタミン酸」という「うま味成分」が増量することによって、美味しさもパワーアップします。


◇保存期間もパワーアップ
「発酵食品」にすることによって、微生物の働きが功を奏し、長期保存を可能にしてくれるのです。


「発酵あんこ」の隠されたパワー、すごいですね。
それでいて、味も美味しいなんて、試してみたくなりますよね。


ネット通販で買う事はできるの?




こんなに、すぐれた食品なら、是非食べてみたい!
・・・でも、作るのは面倒だな。
ネットや店舗で買えないのだろうか・・。


こう思った方もいると思います。


しかし、残念ながら、今現在「発酵あんこ」を購入することは出来ないようです。
ここは、諦めて、自分で作るしかないようです。


それでは、気になる作り方(レシピ)を紹介しますね。

主治医が見つかるで紹介の発酵あんこの作り方(レシピ)

作り方(レシピ)ですが、そんなに難しくはないので気楽に作れそうです!

➀小豆100gに対し米麴100gを用意


➁鍋に小豆と小豆が浸る程度の水を入れ、沸騰したら弱火で5分間


➂お湯を切ったら小豆の渋抜きが完了



➃渋抜きした小豆に300mlの水を加え、弱火で1時間煮込む


➄煮上がった小豆を炊飯器に移し、米麴を加えしっかり混ぜ込みます。



➅保温モーにしておよそ8時間寝かせれば、発酵あんこの完成です!




いかがでしたでしょうか?そんなに作り方は難しくないと思います!^^

発酵あんこの作り方(レシピ) パート2

主治医がみつかるで紹介のあった作り方(レシピ)以外にも、こんな作り方もあるので紹介しますね!
【材料】
・小豆 200g
・水 3~4カップ
・塩 小さじ2分の1
・米麴(乾燥) 200g
・水 1カップ(様子をみて調整する分)


➀よく洗った小豆とたっぷりの水(分量外)を鍋に入れ火にかける。
沸騰したら5分待ち、ザルにあけて湯切りをする。これで、アク抜きは完了。

➁鍋に小豆と水3カップを入れて火にかける。

➂沸騰したら弱火にし、小豆が柔らかくなるまで40~60分ほど煮る。
(途中で水分が減ってきたら水を足す)

➃小豆が指で簡単につぶれるくらいになったら、塩を加え、少し煮詰めて水分を飛ばす。
市販のゆであずきくらいになったらあんこの完成。

➄柔らかくなった小豆と、手でほぐした米麴、水2分の1カップ~1カップを炊飯器に入れ混ぜる。
(水の量は、小豆と麹が程よくドロっとするくらい)

➅炊飯器のフタはせずに、お釜の上に濡れ布巾をかぶせたら「保温」スイッチを押す。
6~8時間保温状態にして発酵させる。

➆あとは放置しておけば、8時間後には、しっかりと甘い小豆麹が出来上がる。
できば2~3時間おきに全体をかき混ぜたり、布巾を新しくしたり、水分を足したりして、様子をみながら調節する。

➇出来上がったら、全体をよく混ぜて好みのつぶあんにする。
(冷蔵庫で1週間保存可能。冷凍保存も可能)




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-3663572903276793"
data-ad-slot="1794089630">



まとめ


今流行りの「発酵食品」ですが、思ったより簡単にできるんですよね。


体にもよくて、美容にもよくて、味も美味しいなんて、魅力的な食べ物。試してみる価値あると思いませんか( *´艸`)。


ではまた。

私も体験しておススメの「動画・漫画・音楽」総合配信サイトです!




私が体験しておススメの「動画・漫画・音楽」総合配信サイトです!

登録すると2,400ポイントがもらえます!

-食べ物

Copyright© おしえてレインボー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.