登録すると600ポイントプレゼント!

私が体験して良かった、おススメ動画配信サイトです!

登録すると600ポイントプレゼント!

ビジネス

大塚家具久美子社長父と和解の目的や理由、真相とは!解任の可能性は?

投稿日:

2019年3月4日、日本外国特派員協会の会見で「大塚家具」の大塚久美子社長が、「上場会社の経営としての考え方は異なるが、愛着ある高品質の家具を長く使うという価値観は全く同じで、父にはそれをいつか理解してもらえると信じている」とコメントしました。


創業者の父親である大塚勝久氏ををお家騒動で追い出し、自身が経営の舵取りをしてから3期連続赤字が続いています。


確かに父親である勝久氏が高級路線のまま経営を続けていても、ニトリなどの家具店が勃興していく時代の流れでいずれはジリ貧になっていたかもしれません。


ただ方向転換するにしても急ぎ過ぎた感はありますし、ことごとく久美子社長のたてた戦略が大塚家具にとって裏目に出てしまっています。


父親である勝久氏は経営者から降ろされた後に、高級家具を売る「匠大塚」を立ち上げており店舗数を需要に合った形で伸ばしている為、経営は順調なのでしょうね。


久美子社長が急に和解の意向を示したことで個人的にはすごく違和感を感じています。


そこで今回は、大塚家具の久美子社長が父である勝久氏に和解の意向を示した目的や理由、狙いの真相、解任の可能性はあるのか調べてみました。


題して、「大塚家具久美子社長父と和解の目的や理由、真相とは!解任の可能性は?」です。

スポンサードリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3663572903276793"
data-ad-slot="7319192134">




父への和解意向を示した大塚家具の久美子社長の今までの経緯

父への和解意向を指めした大塚家具の久美子社長の今までの経緯を簡単に振り返ってみましょう。

大塚家具は1993年に会員制の販売形態をとることで大きく成長してきました。


しかし2000年代に入ってからは、デフレの時代の流れもあり低価格な家具を提供できるニトリやイケアが家具市場の中心となっていきます。


2009年久美子氏が社長に就任してからは、この富裕層向けの会員制の事業形態が時代に合わなくなっていると考え、「(一人でも)入りやすく、見やすい、気楽に入れる店作り」を方針に掲げ、従来の父親の方針を改革していきます。


この改革に不満をもった勝久氏が、2014年に久美子社長を解任し、改革派に対し粛清人事をとるなど大鉈を振るいますが業績は回復せず赤字となります。


一向に回復しない状況を見かねて、久美子派と勝久派に会社は二分され、遂に2015年の取締役会で久美子氏が社長復帰します。


これが大塚家具のお家騒動ですね。


このお家騒動や大幅な方針転換により、2105年決算では売上高580億円(純利益3億5千万円)ありましたが、


2018年決算には売上高373億円(純利益マイナス32億4千万円)まで落ち込むことになります。

大塚家具久美子社長の父への和解意向の目的や理由、真相、解任の可能性の皆の反応は?











皆さん久美子社長の和解の言葉のチョイスに対して、否定的な意見がほとんどですね。


勝久氏は今の所和解について否定しているという情報も入ってきていますので、上から目線と捉えられてもおかしくない感じではまだまだ和解までの道のりは遠いでしょうね。

大塚家具久美子社長の父への和解意向の目的や理由、真相は!解任の可能性は?


大塚家具の久美子社長が急に父勝久氏への和解意向を示した目的や理由、真相は何で、解任の可能性はあるのでしょうか?


ただの私個人の考えや予想ですが、


単純に資本業務提携した中国企業のハイラインズからの提案が一番の理由だと考えています。


昔の日本を超える富裕層が多く台頭する中国市場では父 勝久さんの立ち上げた高級路線の「匠大塚」の方が需要があるような気がしています。


そのため、勝久氏から家具製造技術や接客、事業展開のノウハウを得ることのメリットはとても大きいです。


それ以外にも大塚家具はお家騒動で正直あまりイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?


やはり商売はイメージ戦略が大事なので、そこを払拭させたい気持ちもあると思います。


もし久美子社長がハイラインズより提案以上の強い要望を受けているのであれば、和解が成立しない場合に久美子社長の立場が危うくなることもあるかもしれないと想像してしまいます。


当時は株主も久美子社長の経営方針に賛同したわけで、ここまで業績不振になってから後出しじゃんけんのように叩くのもおかしいとも思うのですが、


長く続いてきた日本の企業が落ち込んでいくのは悲しいものですね。

大塚家具久美子社長の父への和解意向の目的や理由、真相!解任の可能性は?のまとめ

経営者目線で考えると、久美子社長のイケアやニトリが既に強者となっているレッドオーシャンにそこまでの企業の強みが無い状態で殴り込みをかけたことは、ありえないという考えが当たり前なのかもせいれません。


結果として久美子社長が経営者として大塚家具を赤字企業にさせてしまったことは事実ですが、改革は必須だったはずなのでもう少し違った方法でできていればと思えて仕方ありません。


資本業務提携したハイラインズの考えはわかりませんが、久美子社長を筆頭にまた大塚家具の復活を願っています。


ではまた。

私も体験しておススメの「動画・漫画・音楽」総合配信サイトです!




私が体験しておススメの「動画・漫画・音楽」総合配信サイトです!

登録すると2,400ポイントがもらえます!

-ビジネス

Copyright© おしえてレインボー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.