登録すると600ポイントプレゼント!

私が体験して良かった、おススメ動画配信サイトです!

登録すると600ポイントプレゼント!

社会

京葉銀行の着服横領の銀行員の名前や顔は?手口や理由、使い道を調査!

投稿日:

2019年2月22日に京葉銀行は、60代の男性行員(現在は懲戒解雇されている)が口座振替手数料などを約2億4900万円着服していたと発表しました。


この男性行員は2001年から約18年間にわたって着服していました。


平均すると1年間で1400万円ですね。


これは凄い。


私の勝手なイメージですが、銀行は1円単位で合わないと帰れないと聞きますが帳簿と現金残高をどのように合わせていたのでしょうか。


内部監査などでよくも今までバレなかったという事の方が驚きます。


2億4900万円という金額にはもちろんビックリですが、ここまでの金額を着服されていても気づけなかった京葉銀行の体制に口座開いている方は不安を覚えるかもしれませんね。


今回は、京葉銀行の着服横領の銀行員の名前や顔は?手口や理由、使い道を調査してみました。



京葉銀行の着服横領の銀行員についてTwitterの反応は?



https://twitter.com/OCentral7/status/1098915064952774657




京葉銀行の着服横領の銀行員の名前や顔は?手口や理由、使い道の皆の反応

今日現在、京葉銀行の着服横領の銀行員の名前や顔、手口や使い道などは、まだ特定はされていないようです。


手数料を着服したとの事ですが、一体どのような手口で行っていたのかも気になりますね。


今回の場合、手口は明かされていませんが、実は過去に銀行員が着服していた事件というのは結構多数あるのです。


銀行の場合、「お金」そのものが商品なので、銀行内のお金に手を付けるというパターンが多いのです。
金庫の中やATMの現金、もしくは、定期的に現金残高の検査があったりするので、過去には沢山の事例がありました。


今では、現金を盗ることは至難の業ですが、昔は手作業で入力していたので、このような横領は頻発していたのです。
昨今は、全てが機械化されており、自動で装填金額を出したり、装填業務を警備会社に委託したりして、過去のような不正を防止しているのです。


手数料を着服していたとの事ですが、全て機械で管理されているこの時代に、よく18年間もバレずに着服できていたなと不思議になりますよね。


京葉銀行の着服横領銀行員以外にも他銀行で巨額の着服はあった

そして、今回の京葉銀行だけでなく、過去にも「巨額の着服」は行われているのです。
他行でも下記の通り着服したことはありますので、業務フローをしっかりとしていても気づけない手口があるのでしょうね。


◇みずほ銀行で男性行員が13憶円を着服。

◇三井住友銀行で女性事務職員が、約7年にわたり4億円を着服。

◇きらぼし銀行で男性行員が約3年間にわたり7憶円を着服。



規模は関係ないかもしれませんがメガバンクでも過去に多額の着服はあるので、やはりお金を扱う職業だけに感覚が麻痺してしまうのでしょうか。


京葉銀行の着服横領の銀行員の名前や顔は?手口や理由、使い道のまとめ

今回着服について、京葉銀行の熊谷俊行頭取も「信用を第一とする銀行としてあってはならない事件」とコメントを出されていますが、その通りですね。


色々な取引でも信用力が絶大な銀行「だから」というものが多いと思います。


ご年配な方でもこれで利益出るのかという金融商品も、銀行が言うのだったら大丈夫と購入されている方が多いような気がしています。


こういう事件が起こってしまうと、せっかく築き上げた信用が地に落ちてしまうので、しっかりと再発防止策をたててもらいたいですよね。


ではまた。


私も体験しておススメの「動画・漫画・音楽」総合配信サイトです!




私が体験しておススメの「動画・漫画・音楽」総合配信サイトです!

登録すると2,400ポイントがもらえます!

-社会

Copyright© おしえてレインボー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.